クリニックによる違いを理解して適した先を選ぶ

サイトメニュー

施術の種類や特徴、注意点

エステティシャン

失敗の可能性はある

女性の美しくなりたいという願望を叶えるために、仙台の美容整形外科では様々な施術を用意しています。近年利用者が多く、評判なのは、注射治療やレーザー治療などのメスを入れない施術です。注射治療と一言で言っても様々あり、しわ治療ではボツリヌストキシン注射を行うのが一般的です。目元や眉間などの表情筋によってできるしわを緩める作用があります。この注射は他の用途にも活用されており、仙台の美容外科では人気の施術となっています。また、ヒアルロン酸注射やコラーゲン注射がしわ治療に用いられることも少なくありません。ヒアルロン酸は高い水分保持能力があるため、乾燥小じわに有効です。一方、コラーゲン注射は加齢と共に減少する真皮のコラーゲンを補うため、肌に張りが戻り、しわの改善が図れるというものです。しみ治療はレーザー機器を用いた施術が一般的で評判が良く、美容整形外科ではしみのタイプに合わせて機器を使い分けています。例えば、老人性色素斑に対しては色素に反応するレーザー機器を用いて、しみだけを焼くのが一般的です。

注射治療は失敗の少ない簡単な施術で評判と考えられがちですが、実は高い技術が必要なので、仙台で美容整形外科を受診するときは注射技術に関する知識を入れておくのが賢明です。ボツリヌストキシン注射はしわを作っている基となる表情筋に向けて薬剤を注入しなければいけません。他の場所に注入してしまうと効果が得られないばかりか、予想外の表情になってしまう可能性があります。コラーゲン注射は、表皮と真皮の間に注入するのが効果を持続させるポイントです。ところが、表皮ラップ1枚分ほどで真皮はラップ2枚分ほどの厚みしかないため、この間に注入することは容易ではありません。さらに、ヒアルロン酸では心配のないアレルギーテストをする必要があり、検査結果が出るまでに時間がかかるので、カウンセリング当日の施術はできません。また、ヒアルロン酸注射を注入し過ぎて、いかにも整形顔になってしまう人もゼロではないため、全体のバランスを見て注射してくれると評判が良い仙台の美容整形外科を選ぶのが理想です。レーザー治療はしみを消した後に色素沈着が残ることがあるため、施術後は日焼け止めや美白剤などを活用して予防してください。

Copyright© 2019 クリニックによる違いを理解して適した先を選ぶ All Rights Reserved.